認証方法の見直し

認証方法の見直しについて

ネットワークのセキュリティ対策をしていない人はいないと思います。しかし、認証方法が甘く、簡単に不正アクセスを許してしまう状態になっていることもあります。この記事では、そんな状態を改善するための手法をいくつかご紹介します。

ワンタイムパスワードの設定

ワンタイムパスワードは、ネットワークへのアクセスごとに使い捨てのパスワードを発行し、利用するシステムです。通常のログインパスワードとともにワンタイムパスワードの入力を求める二段階認証がもっとも一般的です。

指紋認証などのバイオメトリクス認証の利用

指紋などのバイオメトリクス認証は非常に強力です。設備投資はかさみますが、ネットワークの安全性強化という点で大幅な強化になります。