ソフトウェアの危険性

ソフトウェアの危険性を認識しよう

パソコンなどのデジタルデバイスの機能を拡張することができるソフトウェアは非常に便利ですが、危険性が潜んでいることも事実です、この記事では、そんなソフトウェアに潜む危険性について解説しています。

ソフトウェア経由で危険が生じる最も典型的な例はマルウェアです。マルウェアは、ユーザーのデバイスを攻撃する目的で作製された不正ソフトウェアであり、世の中に多く出回っています。アンチウイルスソフトなどの利用により、マルウェアによる攻撃を未然に防止するなどの対策が必要とされています。

怪しいソフトを安易にダウンロードしない、素性の知れないソフトウェアを利用しないなど、ユーザー側にも高いリテラシーが求められています。