オンラインウォレットとセキュリティ

最近はインターネット関連の記事などで、オンラインウォレットという単語を目にすることがあります。これは、ビットコインなどの仮想通貨をウェブ上で保管するためのオンラインサービスのひとつです。ウェブ上で仮想通貨のアカウントを管理することで、インターネットに接続されたブラウザや専用のアプリ・ソフトウェアなどを通して残高照会をしたり入出金などの取引をすることができるので大変便利です。自分用のPCやモバイル機器のストレージ上にコインアドレスや秘密鍵を保管しておく必要がなく、ブラウザなどを起動してログインIDとパスワードを入力すればすぐに取引ができます。自分用のログインIDとパスワードを記憶しておけば、紛失や故障などが原因でデバイスのデータにアクセスができなくなった場合でも自分の仮想通貨を取り出すことができるというメリットがあります。オンラインウォレットには仮想通貨取引所のアカウントも含まれており、日本円や他の仮想通貨との売買取引をする際に利用します。

オンラインウォレットは自分で秘密鍵を保存する必要がないので、紛失やデバイスの故障時でもコインを失うことがないというメリットがあります。ただし、秘密鍵がウェブ上に保存されているのでセキュリティ面で不安があるというデメリットがあるので注意が必要です。オンラインウォレットを利用して自分のコインにアクセスする場合は、インターネット上にログインIDとパスワードを送信する必要があります。この時に第3者にパスワードが傍受されると、不正出金の被害に遭う恐れがあります。顧客の仮想通貨を預かっている取引所のサーバーがハッキング被害を受けて秘密鍵のデータが盗まれると多額のコインが盗難被害に遭う恐れがあり、過去にこのような盗難事件が実際に発生しています。

オンラインウォレットは利便性のために安全性を犠牲にしているので、多額の仮想通貨を長期間にわたり保管する場合は不向きです。ただし頻繁に仮想通貨のアカウントにアクセスして入出金や売買取引をする場合は、必要最小限のコインをウェブ上に一時的に保管しておくと便利です。

仮想通貨を自分のPCやモバイル機器などで保管する場合には、専用のウォレットアプリやソフトをインストールして秘密鍵を保存する方法があります。逆に多額のコインを安全に保管したい場合は、利便性よりもセキュリティを優先する必要があります。セキュリティを重視するのであれば、秘密鍵をインターネットから切り離したデバイス(紙やオフライン上でデジタルデータを保管可能な記憶装置)に保存するハードウェアウォレットを利用すべきです。